あなたのかかり付け医「どちペインクリニック」 いのちに寄り添うホスピスケア 

東日本被災地支援活動

玉穂ふれあい診療所では毎年東北復興支援のボランティア活動をしています。昨年12月は、放射能の影響で避難を余儀なくされている福島県富岡町のみなさんと交流を深めてきました。その様子がちょこっとカフェ通信(富岡町社会福祉協議会発行)に掲載されました。

「あの震災から5年過ぎても変わらず復興の兆しが見えてこない。」との言葉に、これからもあの日のことを忘れずに継続した支援が必要だと改めて感じました。

輝け!いのち!

chocotto_01.JPG

2012.12.23 

  医療法人どちペインクリニックでは、福島県いわき市の仮設住宅にて被災地支援活動を行います。
  甲府を22日深夜出発し、23日の昼には皆さんに「ほうとう」と「野菜おこわ」が食べていただける予定です。
  原発事故から避難していた皆さんが、やっと仮設住宅に入居できたそうです。
  まだまだ防寒用品、日用品が不足しているそうで、それらの支援物資も届けてきます。