あなたのかかり付け医「どちペインクリニック」 いのちに寄り添うホスピスケア 

病棟スタッフより


~その人らしく生きる~

 緩和ケアのできる玉穂ふれあい診療所が開院して、今年で10年となります。外来・病棟・訪問看護ステーションを有し、相互の連携を図り地域に根ざした医療活動を行っています。

 当院は、木造・障子・薪ストーブ・庭の畑と家庭的な雰囲気を大切にしています。また、職員・ボランティアさんと作った露天風呂もあります。畑でとれた野菜は、患者の食卓に。食事に関してはことのほか美味しいと好評です。

 最期の時を在宅で過ごしたいと希望があれば、すぐに対応します。娘さんの結婚式を企画し、診療所で行った事もあります。自宅で可愛がっていたペットと過ごす事も出来ます。こんな場面では、患者・家族・職員がひとつに感じ、とびきりの笑顔があふれます。

 私達は、患者・家族が最期の残された大切な時間をどのように過ごしていくかを常に考えています。それには、苦痛の緩和が優先されます。痛みが取り除かれると、考えや行動が広がり希望が湧きます。その希望や願いに寄り添えるようにスタッフはカンファレンスを重ね、思いを共有しその人らしく生きることを支えています。

 私達は、重い課題を一緒に考え悩むからこそ職員間での信頼関係は強いものとなっています。
まだまだ書ききれない事が沢山あります。ぜひ「ゆっくりねろし」を読んでください。