あなたのかかり付け医「どちペインクリニック」 いのちに寄り添うホスピスケア 

ペインクリニックとは

 image2.gif ペインクリニックとは  
ペインクリニックは英語で Pain Clinicと書きますが、「痛みの治療をするところ」というような意味です。
ペインクリニックは、「痛み」を診断し、神経ブロックという治療法を主に応用して病気の治療を行うところです。診療科名では「麻酔科」になります。山梨県内では山梨医大と県立中央病院と市立甲府病院、富士吉田市立病院、そして当クリニックだけです。
 もちろん健康保険で治療ができます。

 image2.gif 痛みとは
 「痛み」は誰もが経験をすることです。頭痛、歯痛、腹痛、そのほかいろんな痛みがありますが、たいてい一時的なものでそのうち痛みは消え去ります。私たちは痛みがいずれ消え去ることを知っているので、がまんができるわけです。また、早く痛みから逃れるために薬を飲んだりします。
 しかし、「痛み」がなかなか去らないとき、人は非常に不安になります。悪性の病気を疑ってみたり、不治の病ではないかと悲観したりします。
 もちろん「痛み」があるとき、その背後に重大な病気がひそんでいないか、私たちは慎重に診察します。

 「痛み」があるとそれが原因となって交感神経という自律神経を刺激します。すると、その局所の細い動脈が緊張し、収縮して血液の流れが悪くなります。そこでは局所の酸素不足と体の外に排出されねばならない代謝産物(=発痛物質)の蓄積がおこり、これがまた交感神経を刺激します。こうして「痛みの悪循環」がつくられます。痛みはだんだん範囲も広くなり、程度も強くなっていきます。
 大なり小なり痛みにはこのような性格があります。歯の痛みをがまんしていると、頭痛や肩こり、さらには腕が重くしびれてくるといったことを経験された方もあるでしょう。「痛みの悪循環」がだんだん広がっていくのです。一方、肩がこって痛いときにそこを温めてやると楽になります。温めることで血液の循環が良くなり、「痛みの悪循環」が」断ち切られるからです。
 痛みの治療では、この「痛みの悪循環」を念頭において行うことが大切です。

 image2.gif ペインクリニックでの治療
 ペインクリニックでは病気の治療に神経ブロックという局所麻酔の方法をおもに使います。神経ブロックは知覚神経を局所麻酔薬で遮断(ブロック)したり、交感神経を一時的に麻酔したりして「痛みの悪循環」を断ち切り、悪い部分の血液の流れを積極的に増やし生命の持つ自然治癒力を強くします。
 また、星状神経節ブロックは脳の視床下部に働きかけ、自立神経系や内分泌系のゆがみをなおし、免疫系の機能を高めることが注目されています。
 神経ブロックを使うペインクリニックの治療は、内科(投薬)でも外科(手術)でもない第3の治療法です。従来の治療法では満足できなかった病気が治療できる可能性があります。
 最近は癌の痛みに対しても積極的に治療しています。
 どちペインクリニックでは訪問看護とあわせて、患者さんが在宅でも痛みのない、より充実した人生が過ごせるように、疼痛治療の専門家としての工夫をこらしています。

 

対象となる主な疾患(症状)
全身 ・悪性腫瘍による疼痛 ・帯状疱疹(後神経痛)
・反射性交感神経性萎縮症 ・外傷後神経痛
頭部 ・片頭痛 ・緊張型頭痛 ・群発頭痛 ・頸性頭痛
・後頭神経痛 ・その他の頭痛
顔面 ・三叉神経痛 ・舌咽神経痛 ・非定型顔面痛
・顎関節痛  ・その他の顔面痛
頭肩上肢 ・頸肩腕症候群 ・頸椎症 ・胸郭出口症候群
・外傷性頸部症候群 ・五十肩 ・頸椎椎間関節症
・頸椎椎間板ヘルニア
胸背部 ・肋間神経痛 ・胸部椎間板ヘルニア
腰下肢 ・椎間板ヘルニア ・脊柱管狭窄症 ・坐骨神経痛
・椎間関節症 ・変性すべり症 ・分離すべり症
・腰椎捻挫 ・変形性腰椎症
四肢 ・カウザルギー ・変形性膝関節症 ・断端痛
・幻肢痛 ・バージャー病 ・閉塞性動脈硬化症
麻痺 ・顔面神経麻痺 ・外傷性神経麻痺
その他 ・振動病 ・レイノー症候群 ・めまい ・耳鳴
・メニエール病 ・突発性難聴 ・視神経炎
・網膜血管閉塞症 ・網膜色素変性症 ・多汗症