あなたのかかり付け医「どちペインクリニック」 いのちに寄り添うホスピスケア 

外来(受診)

 image2.gif 緩和ケア外来
緩和ケアの詳細に関しては、別項をご参照ください。
緩和ケアを受けながら、当院で抗がん剤治療をご希望される方については、個別にご相談にのります。
 

  image2.gif 内科・総合診療外来
高血圧、脂質代謝異常症、糖尿病、高尿酸血症などの生活習慣病や慢性疾患の日常的な健康管理をします。風邪ひき、腹痛や下痢などの急病も診ます。
診察や検査の結果、より詳しい検査などが必要な方は、相談のうえで適切な医療機関へ紹介します。
子どもさんの予防接種も受け付けていますので、電話でご連絡のうえお越しください。
家庭医、町のかかりつけのお医者さんとしての役割を大切に考えています。どんな症状でも、まずは気軽にご相談ください。

 

image2.gif 外科外来
擦り傷、切り傷、水虫、巻き爪などの診察も行っています。
 

 

image2.gif 漢方外来
西洋医学では対処できない、冷え、だるさ、食欲が湧かないなどの何となく調子が悪いといった症状も、漢方薬が良く効く場合があります。漢方外来では、漢方医学的に患者さんの体質を診断し、それぞれの体質にあった漢方薬を処方しています。全て保険診療です。また、日常生活の中での養生方法の指導などもおこなっています。
 


 image2.gif 禁煙外来
タバコをやめたいと思っているのに、なかなか止められないあなた。それはきっと、ニコチン依存症が原因です。
下記の「ニコチン依存症を診断するテスト」で5項目以上当てはまった方は、ニコチン依存症です。
ニコチン依存症の状態では、気合いだけでは禁煙達成は難しい場合が多いのです。一定の条件を満たしていれば、禁煙治療に健康保険が適応できます。

 

<健康保険を適応する条件>
・ニコチン依存症を診断するテストで5点以上
・1日の平均喫煙本数_本 × これまでの喫煙年数_年=200以上
・1か月以内に禁煙を始めたいと思っている
・禁煙治療 

「ニコチン依存症を診断するテスト」 設問内容
1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
3 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
4 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
5 問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
7 タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
8 タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

 

 image2.gif 睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS(サス))とは
サスとは、睡眠中に呼吸が止まり、それによって日常生活にさまざまな障害を引き起こす病気です。
主な症状としては、睡眠中のいびき、夜間に寝汗をかく、夜中に何度もトイレに起きるなどの症状があります。また呼吸が止まっている間は酸欠を起こしている状態のため、朝の起床時に頭が重い、全身がだるいなどの症状がでます。
サスが慢性的に続くと、酸欠状態で少ない酸素を全身にめぐらせようと心臓や血管に負担がかかるため、高血圧、糖尿病などの生活習慣病や、心不全、脳卒中、脳梗塞、夜間心臓突然死などのリスクが通常の2~3倍に増えると言われています。
上記の症状に思い当たる方は、検査をお勧めします。簡易的な検査であれば、小さな機械を自宅に持って帰っていただき検査をすることができます。気軽にご相談ください。
 

 image2.gif 当院で行える検査をご案内します

  ● 血液検査全般
  ● 尿検査
  ● 心電図、ホルター心電図
  ● 超音波エコー(腹部、消化管、心臓、乳腺、甲状腺など)*
  ● 骨密度検査(超音波測定)
  ● 平衡機能検査(めまい検査)
  ● 振動病検査(要予約)
  ● ピロリ菌の検査 *
  ● 鼻汁中好酸球(アレルギー性鼻炎の判定)
  ● 水虫(白癬菌の鏡検)
  ● インフルエンザ、溶連菌、ノロウィルス簡易迅速検査

    *腹部エコー、ピロリ菌検査については、空腹時検査になります。

    *睡眠時無呼吸症候群の検査ができるようになりました。

 感染性胃腸炎、インフルエンザが流行しています。
 インフルエンザ・ノロウィルス簡易迅速検査、当院でしておりますのでお問い合わせ下さい。