あなたのかかり付け医「どちペインクリニック」 いのちに寄り添うホスピスケア 

いつから緩和ケアを始めるか


 以前はがんの積極的治療ができなくなった時点で緩和ケアを始めるというのが主流でしたが、最近では、がんと診断された時から、がん治療と並行してスタートすることができます。

 がんと診断された時には、病気を認めたくない気持ち、これからの治療への不安、経済的な不安など、気持ちのつらさを感じる方が少なくありません。
そういったとき、特に薬の処方などはなくても、気持ちのつらさを話すことで気持ちがらくになることもあるかもしれません。

 がんによる痛みが出てきた時にも、痛みに関しては当院で専門的に治療を行っていますので、ぜひご相談ください。がん治療の主治医と連携をとりつつ、痛みの治療を行います。痛みをとる事で気持ちが前向きになり、がん治療を受ける気力が湧いたとおっしゃる方もいます。