あなたのかかり付け医「どちペインクリニック」 いのちに寄り添うホスピスケア 

腹水治療

腹水治療〜腹水濾過濃縮再静注法(KMーCART)

当院では、がんや肝硬変により生じた腹水に対して、腹水濾過濃縮再静注法改良型(KMーCART)を行っています。この治療は東京都豊島区の要町病院で行われている方式を採用しています。 お腹に水が多量に溜まると、お腹が張り呼吸が苦しくなったり、胃が圧迫されて食欲がなくなるなどの症状が出ます。腹水を抜くと一時的に苦痛は取れますが、腹水の中には体にとって必要なタンパク質も含まれているため、頻回に腹水を抜くことで、さらに腹水が溜まりやすい状況を起こす事になります。 腹水濾過濃縮再静注法(Cell-free and concentrated Ascites Reinfusion Therapy : CART)は、まずお腹の皮膚に局所麻酔をしてプラスチック製の針を挿し、腹水を抜きます。抜いた腹水は特殊なフィルターで濾過をし、腹水中のがん細胞や細菌などの不要物と余分な水分を除去し、必要なタンパク成分のみを取り出し、静脈内に戻します。 タンパク成分を体に戻すことで、症状緩和のみでなく利尿剤の効果増強、食欲の改善、生活の質の改善とともに腹水も溜まりにくくなります。 KM-CARTは保険適応の治療法です。月に2回まで治療を行うことができます。KM-CART.JPG