あなたのかかり付け医「どちペインクリニック」 いのちに寄り添うホスピスケア 

どちペインクリニックからのお知らせ

12月29日(金) 午前のみ診療

    30日(土) 休診

    31日(日) 休診

 1月 1日(月)  休診

    2日(火)  休診

    3日(水)  休診

    4日(木)  休診

    5日(金)  通常診療

 

 上記の通り外来診療は12月29日~1月4日までを年末年始休暇とさせていただきます。

 尚、1月5日から平常通りに診療を行います。

 連休明けは大変混雑が予想されます。お薬等はお早めにお申し出ください。

 よろしくお願いいたします。

 平成29年11月19日(日)、「有床診療所の日」記念講演会が日本医師会館にてありました。

IMG_0935.jpg

 院長はじめ、15名の職員で参加して「地域包括ケアシステムにおける有床診療所の役割」についての話を聞いてきました。

IMG_0929.jpg

これからもかかりつけ医による身近な入院施設がある有床診療所として、皆さまが住み慣れた地域で生活を続けていくお手伝いをしていきます。

IMG_0927.jpg

 去る11月18日(土)、東北ボランティアへと行って来ました。

 今回は福島県いわき市久之浜地区へ、長年ボランティア活動をなさっている音だまくらぶの方たちと一緒にボランティア活動を行ないました。

KIMG0155.jpg

 音だまくらぶの方々が地域の人達を音楽で癒やしている間に、南瓜ほうとうや山菜おこわなどを作ってふるまいました。

KIMG0160.jpgのサムネイル画像KIMG0147.jpg

 できたてホヤホヤの料理は地域の方々にも大好評でした!

KIMG0157.jpg

 震災から6年以上が過ぎ、復興が進み一見立ち直った様に見えても、津波で削り取られた岩山や、家が建っていたであろう今は何もない土地等、震災の爪痕は今も各所に残っていました。今も残る悲劇の記憶を前に私達は何が出来るのか考えさせられました。

8月12日(土) 通常通り

8月13日() 休診

8月14日(月) 休診

8月15日(火) 休診

8月16日(水) 休診

8月17日(木) 9:00~12:00

 

上記の通り、外来診療は14日~16日を夏季休暇とさせていただきます。

17日(木)休診日ですが診察を行ないます。

お休みとなりますので、お薬など必要のある方は早めにお申し出ください。

土地院長学会出席のため、下記日程の診療に変更があります。

 

7月21日(金)の外来は内科のみ診療いたします。

麻酔科は休診となりますのでご注意ください。

 

7月22日(土)休診となります。

 

よろしくお願いいたします。

image1.jpg
 
6/14(水)中央市在宅医療・介護連携推進協議会主催の市民公開講座「地域で生ききる」にて当診療所の統括看護師長 長田牧江が講演を行いました。
 
DSC00233.jpg
 
当日は満席となり、医療関係者のみならず200名近い方にご参加いただきました。
 
玉穂ふれあい診療所での実践に基づき在宅医療についての話をしました。
その人が生まれ育った場所でその人らしく最期を迎えるということについて、考えるきっかけとなったのではないでしょうか。
 

西洋薬は症状を取る治療ですが、漢方薬では花粉症(アレルギー体質)を元から治せます。

漢方薬は副作用(だるさや眠気など)が起きません。

漢方薬を飲むとすぐ(15分位)で症状が取れてきます。

鼻炎に伴うほかの症状(アトピー性皮膚炎、喘息など)も共に治ります。

玉穂ふれあい診療所では、漢方薬による花粉症治療をおすすめします。

なお、水曜日の中田医師による漢方診察は予約制になっています。

平成28年11月12日(土)午後1時30分より「医療法人どちペインクリニックのホスピスを支援する市民の会」第15回定期総会が行われます。

また、当日総会終了後の午後2時より当院病棟ラウンジにて、シンガーソングライターの岩崎けんいちさんをお招きし、記念コンサート「ボランティアのこころと歌」を行ないます。

詳しい内容につきましては、下記を御覧ください。

IMG_20161107_0001.jpg

リレー・フォー・ライフとは

がんサバイバー(がん経験者)、ケアギバー(ご家族、ご遺族、支援者の皆さん)を讃え、地域全体でがんと向き合い、そしてがん征圧を目指す、年間を通じて取り組むチャリティ活動です。

その始まりは1985年、アメリカ人外科医が「がん患者は24時間がんと闘っている」というメッセージを掲げながら競技トラックを24時間走り続け、アメリカ対がん協会への募金を呼びかけました。思いを共有し支援を募るためでした。共に歩き、語らうことで生きる勇気と希望を生み出したいというこのイベントは、今日では世界25ヶ国、約6,000ヶ所で開催されるまでの広がりをみせています。

 

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2016 甲府 パンフレットより引用

 

IMG_2586.jpg

20160902_170613.jpg

山梨で初めて行われたリレーフォーライフに、私たちどちペインクリニックも参加してきましたshine

夜通し歩くリレーイベントだけでなく、うどんや、浅漬けきゅうり、ジュース、ヨーヨーなども出店してきましたsign03

看護師さん手作りの浅漬けきゅうりは、とっても人気で3回もおかわりに来てくれる子供が出たほどでしたsurprisesign03

 

DSC_0602.jpg

 

DSC_0594.jpg

↑ セラピードッグのリリーも参加しました!

 

みんなの手作りのルミナリエに火が灯ったあの雰囲気は特別なものでしたshine

 

DSC_0583.jpg

↑ 診療所の看護師が描いたルミナリエflair

おつとめを終えたセラピードックのベンと、インコのピーちゃんdogchick

天国から、みんなを見守ってくれているかなshine

 

DSC_0604.jpg

↑ リレーのコースを照らすルミナリエ

IMG_2743.jpg

↑ 夜に歩くDPC職員

 

山梨に縁のあるアーティストが出演し、とても素晴らしいステージでした!

本部実行委員会に入り、ステージ作りに尽力した当法人の看護師で音楽療法士でもある小田切看護師、お疲れ様です!

 

DSC_0603.jpg

↑ ルミナリエに照らされるステージ

 

初めてのイベントでしたが温かい人たちと交流ができ、とっても良い時間でしたshine

そして、あらためて当法人職員の団結力、底力を感じました!shine

講師を迎えて「手指衛生」、「ノロウイルスと吐物処理」の勉強会をしました。

IMG_1948.jpg

「感染源を持ち込まない」、「感染を起こさない」、「感染を拡げない」

感染防止3原則を再認識しました。