あなたのかかり付け医「どちペインクリニック」 いのちに寄り添うホスピスケア 

どちペインクリニックからのお知らせ

 タウン誌「かわせみ」にて理事長のコラムが連載中です。

 5/19(土)の山梨日日新聞折り込みのかわせみに第7回が掲載されました!

20180519090446-0001.jpg

 タウン誌「かわせみ」にて理事長のコラムが連載中です。

 4/14(土)の山梨日日新聞折り込みのかわせみに第6回が掲載されました!

IMG_20180414_0001.jpg

今年の花粉量は前年度より多いと言われています。

スギ花粉は2月上旬から飛散がはじまり3月上旬から4月上旬がピークです。

西洋薬は症状を取る治療ですが、漢方薬では花粉症(アレルギー体質)を元から治せます。

漢方薬は副作用(だるさや眠気など)が起きません。

漢方薬を飲むとすぐ(15分位)で症状が取れてきます。

鼻炎に伴うほかの症状(アトピー性皮膚炎、喘息など)も共に治ります。

玉穂ふれあい診療所では、漢方薬による花粉症治療をおすすめします。

なお、水曜日の中田医師による漢方診察は予約制になっています。

 3月13日(火)の山梨日日新聞に、3月7日(水)にオギノリバーシティで行われた、長田統括看護師長の講演会のことが掲載されました!

20180313110516-0001.jpg

 タウン誌「かわせみ」にて理事長のコラムが連載中です。

 3/10(土)の山梨日日新聞折り込みの「かわせみ」に第5回が掲載されました!

IMG_20180310_0001.jpg

 去る3月7日(水)、オギノリバーシティ店において長田統括看護師長の講演会が行われました。

IMG_0494.jpg

~職員のコメント~

 当診療所の長田統括看護師長による「地域で生ききる 亡くなってつながる命」の講演がありました。リバーサイド自治会の方々や、関係者約100名の参加があり、皆、熱心に耳を傾け、在宅療養のスライドでは涙を浮かべている方も多くいらっしゃいました。

 『住み慣れた地域で最期まで自分らしく過ごす』為に、地域の人とつながりを持つこと、自分の思いを日頃から家族に伝えておくこと、<思いのマップ>に書いて家族と話し合っておくことなど貴重なお話でした。

IMG_0502.jpg

タウン誌「かわせみ」にて理事長のコラムが連載中です。

2/17(土)の山梨日日新聞折り込みの「かわせみ」に第4回が掲載されました!

20180217093035-0001.jpg

「最期まで自分らしく暮らすために ~わが家でも受けられる医療~」

<第1部>講演

演題:「あなたは独りで逝けますか」~自宅で自分らしく生きるために~

講師:どちペインクリニック・玉穂ふれあい診療所 土地邦彦 院長

 <第2部>パネルディスカッション

テーマ:「在宅医療と介護を支える それぞれの立場から」

      ~みんなで支える在宅医療~

コーディネーター:どちペインクリニック・玉穂ふれあい診療所 土地邦彦 院長

パネリスト:巨摩共立病院 家庭専門医 遠藤武男 医師

      高原会訪問看護ステーション所長 坂本真紀 看護師

      介護経験のあるご家族の方

 

申し込み・お問い合わせ先

 南アルプス市介護福祉課  Tel:282-7339  Fax:282-6189

 

開催場所
櫛形生涯学習センター あやめホール(南アルプス市小笠原1060‐1)
開催期間
2018年02月18日 13時30分 ~ 2018年02月18日 16時00分
 
 
 
 

当診療所の長田統括看護師長が医療功労賞を受賞し、2月8日(木)に授賞式が行われました。

授賞式 -3_original.jpg

授賞式 -9_original.jpg

また、授賞式を受け、2月9日(金)の読売新聞に記事が掲載されました。

20180209133507-0001.jpg

2月10日富士川町で理事長の講演がありました。

20180210_144446.jpg

会場は満員で、皆さん熱心に聞いてくださっていました。

20180210_152947.jpg

2月18日(日)には南アルプス市での講演も予定されております。みなさんご参加ください。