あなたのかかり付け医「どちペインクリニック」 いのちに寄り添うホスピスケア 

花粉症治療は漢方薬で!

今年の花粉量は前年度より多いと言われています。

スギ花粉は2月上旬から飛散がはじまり3月上旬から4月上旬がピークです。

西洋薬は症状を取る治療ですが、漢方薬では花粉症(アレルギー体質)を元から治せます。

漢方薬は副作用(だるさや眠気など)が起きません。

漢方薬を飲むとすぐ(15分位)で症状が取れてきます。

鼻炎に伴うほかの症状(アトピー性皮膚炎、喘息など)も共に治ります。

玉穂ふれあい診療所では、漢方薬による花粉症治療をおすすめします。

なお、水曜日の中田医師による漢方診察は予約制になっています。