あなたのかかり付け医「どちペインクリニック」 いのちに寄り添うホスピスケア 

パルシップさんの和菓子 ~2017/05~

先日、心のやすらぎコンサートが行われました。

ピアノコンサートの際には、玉穂ふれあい診療所のボランティアグループであるパルシップさんが毎回欠かさずにお抹茶をたて、季節の和菓子を作ってくださいます。

こちらが5月のピアノコンサートの際に作成していただいた和菓子です。

 

20170508_144143.jpg

 

~パルシップさんのコメント~

「いずれがあやめ、かきつばた」とはよく聞く言葉ですが、

今日のお菓子はどちらに見えるでしょうか?

"あやめ"も"かきつばた"も"しょうぶ"もみんな同じ仲間で花も区別がつきにくいのですが、

自生している場所である程度分かれるそうです。

あやめは水はけの良い草原に自生していて、そのあやめを基本に園芸的に改良されたのが花菖蒲。

かきつばたは水気の多い湿原に生えているそうです。

菖蒲湯とか、薬草として使われる菖蒲は全く別物なんだそうですよ!