あなたのかかり付け医「どちペインクリニック」 いのちに寄り添うホスピスケア 

パルシップさんの和菓子 ~2017/03~

先日、心のやすらぎコンサートが行われました。

ピアノコンサートの際には、玉穂ふれあい診療所のボランティアグループであるパルシップさんが毎回欠かさずにお抹茶をたて、季節の和菓子を作ってくださいます。

こちらが3月のピアノコンサートの際に作成していただいた和菓子です。

 

IMG_2769.jpg

 

~パルシップさんのコメント~

今月は京都のひな祭りのお菓子である「ひきちぎりもち」を作ってみました

この名前の由来は、昔、宮中行事の上巳の節句(ひな祭り)で、餅菓子の用意に手が足りず、とても餅を丸めている暇がなかったことから餅をちぎってくぼみを作り、そこにあんこを乗せたということです。ですから、端っこはちぎったままです!

今日はよもぎの草餅につぶあんと大和芋を使ったきんとんを乗せて春らしくしてみました