あなたのかかり付け医「どちペインクリニック」 いのちに寄り添うホスピスケア 

パルシップさんの和菓子 ~2017/01~

先日、心のやすらぎコンサートが行われました。

ピアノコンサートの際には、玉穂ふれあい診療所のボランティアグループであるパルシップさんが毎回欠かさずにお抹茶をたて、季節の和菓子を作ってくださいます。

こちらが1月のピアノコンサートの際に作成していただいた和菓子です。

 

20170123_152903.jpg

 

~パルシップさんのコメント~

今月のお菓子は、花びら餅です。

平安時代の新年の行事「歯固めの儀式」(堅いものを食べて健康と長寿を祝う行事)を簡略化したもので、

宮中のおせち料理の一つとして考えられてきました。

裏千家の初釜の茶事のお菓子でもあります。

白の餅に赤い餅と甘く煮た牛蒡(ごぼう)と白味噌餡を乗せて、半月型に仕上げたものです。

甘さの中に味噌餡や牛蒡の香りが楽しめます。